すれ違いを恋のきっかけに「クロスミー」《後編》

インタビュー

 マッチングサービスの中でも、スマホの”位置情報”をマッチングに利用するというユニークな機能で注目されるCROSS ME(以下、クロスミー)。「どんな人と、いつ、どのあたりで、何回すれ違ったのか」がわかる、面白い仕組みである。

 前編・後編に渡って、同アプリを開発・運営するサイバーエージェントグループの株式会社プレイモーション 代表取締役社長 平松繁和(ひらまつ しげかず)氏にお話を伺った。

 前編では同社の立ち上げ経緯やアプリの機能についてお話いただいた。後編でも引き続き同氏に、アプリの各機能や今後のビジョンについて教えていただいた。

》前編記事はこちら

世界観をしっかりと作りたい

--アプリ開発する上でこだわっているところを教えてください。

平松繁和(以下、平松氏):僕がもともとゲーム畑出身ということもあり、アプリの世界観をしっかりと作りたいと考えています。

例えばメインのすれ違いリスト画面では、各地域に応じた風景画像を表示しています。写真を使った方がオシャレに見えるし、場所が変わったら風景画像も変わるので、開いた時のアクセントになります。

--各地域とは、具体的にどれくらいの単位なのですか?

平松氏:各47都道府県に最低1枚は用意しています。あとは、東京・大阪などの都心部は、市区町村ごとに用意しているエリアもあります。

 

--画面を開くのが楽しくなりそうですね!すれ違いが発生する範囲は具体的に何kmなどあるのでしょうか?

平松氏:それは公開していません。

距離がわかってしまうと、30メートルだったとしたら「近すぎて怖い!」となりますし、5kmだと「すれ違いじゃない!」という印象をどうしてももってしまいます。

また、常に一定の距離ですれ違いを発生させているわけではなく、ユーザーのすれ違い人数などに応じて、若干システム側で調整しています。

例えば渋谷でクロスミーを使うと数百人とすれ違うのですが、遠隔地に行くと1日で数名ということもあります。なるべく最適なすれ違い体験をしていただけるように工夫しています。

すれ違いのドキドキ感を常に演出したいが故の非公開です。

 

--なるほど。ちなみにアプリ画面上に相手が表示されると、何回すれ違ったかもわかるようですが、これもちょっとドキドキしますね。

平松氏:最大30回までカウントして、それを超えると「31回以上」と表示されるようになります。例えば100回すれ違ったとか表示されたら、逆に怖いですからね。これもすれ違いのドキドキ演出のための工夫です!

 

マッチング後から実際に会うまではクッションがあるべき

--例えば隣の方と至近距離ですれ違った瞬間に「この人クロスミー使って、今すれ違いました」ってわかるものなのでしょうか?

平松氏:後ほどお伝えする「サポーターマッチ機能」等の一部の特殊通知を除いて、距離に関わらずすれ違いがわかるように通知はしていません。

 

--至近距離ですれ違った瞬間にクロスミーで通知が来ると、運命を感じるくらいドキドキすると思うのですが、なぜ通知機能をつけないのでしょうか?

平松氏:アプリとして、家に帰った時に「今日これだけの人とすれ違ったんだ」ってまとめて見る使い方を想定しています。

至近距離ですれ違って、例えばすぐにわかったとしたら、プライバシー的にイヤな方は多いですよね。また例えば通知が来たとして、すぐにお互いに声をかけるかと言われると、そんな人は実は少ないんじゃないかと思います。

 

--あくまでメッセージを経た上で実際にあってほしい、というコンセプトですね?

平松氏:そうですね。マッチングと実際に会うまでにはクッションがあった方が良いと思いますので、あくまで「すれ違う→マッチング→メッセージ→実際に会う」という流れを想定しています。

 

--なるほど。あと、アプリ画面上に「今日ひま」というボタンを見つけたのですが、これは何なのでしょうか?

平松氏:これは、マッチング後にメッセージを通じて会う、という流れではなく、その日にすぐに会いたい方向けの機能です。

「今日ひま」ボタンを押した状態の人同士がすれ違うと、お互いの「今日ひまリスト」として表示されます。

その日に誰かとすぐ会いたい方は、この機能をONにすればいいわけです。

 

スポーツだけでなく今後はエンタメ領域も

--先ほどおっしゃっていた「サポーターマッチ機能」とは何でしょうか?

平松氏:こちらは今年の8月にリリースしたばかりの機能です。

ご自身のプロフィール設定画面で、応援している日本のプロサッカーリーグと日本プロ野球チームを登録することで、チームのホームタウンやスタジアムですれ違った人同士を通知します。マッチングしたら、通常のアプリ機能と同様にメッセージの送受信が可能になります。

同じチームを同じ場所で応援していた者同士の運命的な出会いをサポートする、というコンセプトです。

--スポーツの趣味から始まる出会い。マッチングしたら盛り上がりそうですね。機能開発のきっかけは何だったのでしょうか?

平松氏:僕自身がサッカー好きということもあり、よくスタジアムに行くのですが、試合中に選手やチームのことについて、誰かと共有したくなるんですよね。友人以外でも、同じタイミングでスタジアムに応援に来ている顔なじみの方も多く、そういった方々と話すきっかけができたらな、と思いました。

その体験を機能として落とし込んだものが、「サポーターマッチ機能」です。

 

--人は共通点が多いと、それだけ仲良くなるスピードも早いですからね。スポーツ以外も今後は検討されているのでしょうか?

平松氏:そうですね、まだ構想段階ですが、音楽フェスやライブ、アイドルのコンサート、ハロウィンなど、同じく大勢がリアルの場で集まるエンタメ領域ではどんどんやっていきたいなと考えています。

 

ワクワク・ドキドキ感を常に提供し続けていきたい

--先ほど(前編で)クロスミーをリリースされる際に海外の情報を収集されていたとおっしゃっていましたが、現在でも何か気になる企業やサービスはございますか?

平松氏:少しベタですが、AmazonやFacebookはやはり気になっています。ユーザーの趣味嗜好を集め、いかにキュレーションして行くか、というのは非常に参考になります。Amazonに至っては流通までおさえていますからね。

マッチングサービスではどうやって応用できるかな、クロスミーでは将来的に何ができそうかな、ということを妄想するネタとして、リサーチしていますね。

 

--色々と面白いことができそうですね。クロスミーでは今後、どのような展開を考えていらっしゃいますか?

平松氏:先ほどお伝えしました通り、位置情報でのマッチングという強みを活かして、スポーツ以外でもエンタメ領域でのリアルマッチングをどんどん進めていきたいと考えています。

 

--クロスミーさん自身がイベントを企画することはないのですか?

平松氏:せっかくなら、他の会社さんがやっていないような仕掛けのイベントをやりたいと思っているので、検討中です!

 

--楽しみにしています!それでは最後に、Love Tech Mediaをご覧の皆さまに一言お願いします。

平松氏:世の中の素晴らしいサービスはコンセプトも素敵だと思います。例えばスターバックスさんですと、コーヒーが美味しいことはもちろん、サードプレイスとしての素敵な店内空間価値を提供されています。

弊社のクロスミーも、マッチングすることはもちろんとして、今日どんな人とすれ違うんだろう、どこですれ違った人が運命の人なんだろう、というワクワク・ドキドキ感を常に提供し続けていきたいと考えています。

まだご利用でない方は、ぜひ一度体験されてみてください!

 

編集後記

すでに既婚者となった筆者がマッチングアプリを利用していた3年前には、国内で安心安全に位置情報を利用したサービスは、ほとんど存在しませんでした。

 

インタビューでアプリ画面を見せていただき、「どんな人と、いつ、どのあたりで、何回すれ違ったのか」がわかるのは、言葉で聞いていた以上にワクワク・ドキドキする仕様でした。もう20回もすれ違っているんだ、と、どうしても相手に対して興味が湧いてしまいます。

 

今後はリアル会場でのマッチング機能も力を入れていかれるとのことで、引き続きLove Tech Mediaとして注目しております!

 

クロスミー詳細についてはこちらをご覧ください

本記事のインタビュイー

平松繁和(ひらまつ しげかず)

株式会社プレイモーション 代表取締役社長

2013年2月株式会社サイバーエージェント中途入社。社長室配属経て、2013年12月 株式会社プレイモーションを設立し、代表取締役社長に就任。ゲームサービスを立ち上げたのち、現在はすれ違いを恋のきっかけにするアプリ「CROSS ME」を運営。

LoveTechMediaは、【恋愛/結婚】【妊娠/出産】【育児】【家族生活】【福祉】【社会課題】の6分野を「人の”愛”に寄り添うテーマ」と定義し、これらのテーマをテクノロジーで補完する「人とサービス」の情報(Intelligence)をお届けする、というコンセプトで運営しています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは