スウェーデン発シェルフブランド「string®」が教えるウェルビーイングへのデザイン

インタビュー

photo by String Furniture

スウェーデン発「string®」との出会い

「北欧のことを知りたいなら、ぜひスウェーデンのstring®を調べたほうがいいよ。話題になっている北欧デザインの『デザイン』ってどういうことか良くわかるから。」

 スウェーデンにかつて住んでいた友人からそうアドバイスを受けたのは、2ヶ月ほど前である。

 今年3月20日、国際幸福デーに「世界幸福度ランキング 2019」が発表され、日本の58位という順位が多くのニュースメディアで報じられた。全156カ国中の58位なので、決して高くない。物質的な豊かさは恒常的な幸福に直結しないことに人々は気付き始めているので、やはりな、くらいの声が多かったのが印象的であった。

出典:World Happiness Report 2019

 一方、トップ10には北欧諸国が多い。

  1. フィンランド
  2. デンマーク
  3. ノルウェー
  4. アイスランド
  5. オランダ
  6. スイス
  7. スウェーデン
  8. ニュージーランド
  9. カナダ
  10. オーストリア

 人口もGDPも日本よりも低い国が、幸福度では世界トップを走っている。なぜなのか。それが北欧への興味をドライブさせた最大のポイントであった。

 LoveTech Mediaは、この北欧から学ぶウェルビーイングへのヒントを随時発信して参りたいと思う。

 まずは筆者友人のアドバイス通り、スウェーデン発のモジュール式シェルフブランド「string®(以下、ストリング)」についてお伝えすべく、string®日本法人に問い合わせた。

 ちょうど4月中旬より東京・青山にあるボルボ スタジオ 青山にて企画展示「VOLVOのある北欧ライフスタイル with STRING®」(2019/4/19〜5/27)が開催されていたので、そちらに伺い、日本法人であるストリング ファニチャー株式会社のジャパン マネージャー・堀紋子(ほり あやこ)氏にお話を伺った。

photo by Said Karlsson/String Furniture

 お話を伺う中で、ストリングには機能性、汎用性、美しさのみならず、適正な価格の実現や生産性、運搬方法や輸送費・保管料の削減など、とことんまで考えられた、ウェルビーイングへのライフデザインが凝縮されていた。昨今、企業によるSDGsへの取り組みが活発に発信されているが、実に70年前から脈々と受け継がれている北欧の叡智に触れ、一言「シンプル・イズ・ベスト」という言葉を与えたいと感じた次第である。

シンプルな規格と拡張性に富んだstring®

photo by String Furniture

 ストリングとは、1949年にスウェーデンで誕生したモジュール式シェルフブランドである。モジュール式とは、つまりは規格化されたパーツで構成する組み立て家具と考えていただきたい。

 【梯子状のサイドパネルが棚板を支える】という、非常にシンプルな構造となっている。

 地面で支える形で構成させる場合は下図(左)のようなサイドパネルを、上写真のように壁に固定する形で構成させる場合は下図(右)のようなサイドパネルを、それぞれ使用する。

出典:string®ホームページ

 その規格は「78×30 cm」「58×30cm」「78×20 cm」「58×20 cm」という4つのサイズのみがベースとして用意されており、それらとサイドパネルの組み合わせによって様々な形のシェルフへと昇華させることができる。

photo by String Furniture

 これら写真はシチュエーションによって全く別の用途のために組み立てられたストリングだが、よく見ると、基本的なパーツは一緒であることがお分りいただけるだろう。

 また、例えば収納するものによって棚の位置を簡単に移動させたり、一度組み立てた本棚の段数を増やしたいと思ったら、新しい棚やサイドパネルを後から買い足して、増設したり連結させることもできる。

出典:string®ホームページ

 先ほどご覧になった、壁に固定するタイプのサイドパネルは全て、下の固定箇所が少し”浮いた”設計がされている(赤丸箇所)。ゆえに、2つのサイドパネルのネジ穴を重ねて、1本のネジで固定することができるわけだ。つまり、以下写真のような組み立ても可能になる。

photo by String Furniture

 さらに棚板類に備わる、フックの位置が左右で異なるため(赤丸箇所)、棚類を同じ高さに並べて連結することも可能だ。

出典:string®ホームページ

 このように、ストリングの素晴らしさは、そのシンプルな構造と拡張性、そして機能美にあると言えるだろう。

次ページ:string®の生みの親、ニルス・ストリニング氏

続きを読む
1 / 3

長岡武司

82,483 views

LoveTech Media編集長。映像制作会社・国産ERPパッケージのコンサルタント・婚活コンサルタント/澤口珠子のマネジメント責任者を経て、2018年1...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは