1秒に2組がマッチング!『タップル誕生』の挑戦《前編》

インタビュー

 新しい出会いの形として、スマホ上のアプリを通じて理想のパートナーと出会える”マッチングサービス”が、日本で急速に成長している。市場規模は2018年に350億円以上、2023年までには850億円以上にまで拡大するとの予測データがある。

 そんな国内マッチングサービス市場の成長を牽引しているのが、サイバーエージェントグループだ。同社は現在、2018年5月に会員数が350万人を突破した『タップル誕生』を始め、グループ横断で計3つのマッチングサービスを展開しており、若い世代を中心に国内における多くの「出会い」を創出してきた。それぞれの切り口やメインとなる機能は異なるものの、3つともに共通している観点は「20代の恋愛のスタンダードをつくる」、ということだ。

 LoveTechMediaではサイバーエージェントグループ第4の事業柱としてのマッチングサービスについて、これまでの振り返りから現在のお取り組み、今後の展望・ビジョンについて、前編・後編に渡ってお届けする。

 まず前編では、サイバーエージェントグループのマッチングサービス統括責任を担う合田武広氏と、『タップル誕生』を運営する株式会社マッチングエージェント取締役の伊香賀淳氏に、それぞれお話を伺った。

 

人の人生を変えるような事業をしたかった

--まずはお二人の現在のお仕事についてお伺いさせてください。

合田武広(以下、合田氏):株式会社マッチングエージェント代表取締役としてマッチングサービス『タップル誕生』を運営しています。また、株式会社サイバーエージェント執行役員として、グループ全体のマッチングサービス事業を統括的な立場で推進しています。

伊香賀淳(以下、伊香賀氏):株式会社マッチングエージェント取締役として、同じく『タップル誕生』の運営をしています。合田とは弊社設立以前の、2011年からの付き合いになります。

 

--結構長いですね!もともとどのようなきっかけの出会いだったのですか?

伊香賀氏:二人ともサイバーエージェントの新卒内定者同期だったんです。そこで知り合ったのをきっかけに、社内外様々なビジネスコンテストに一緒に出るようになったのがきっかけでしたね。

合田氏:お互いエンジニア採用だったのですが、ビジネスの企画を考えるのが好きなタイプで、一緒にプロダクトを作っていくことになりました。

(内定者時代のお二人)

--最初はどのようなサービスを出されたんですか?

合田氏:まだ学生だった2011年に「ブレークスルーキャンプ2011 Summer」というビジネスコンテストがありまして、そこに伊香賀と参加して、『Facematch』(後に『Pitapat』に名称変更)というサービスを発表し、優勝しました。

この時に初めて、異性をマッチングさせるプロダクトを作りました。

僕自身、当時から人の人生を変えるような、またライフスタイルのインフラになるような事業をやりたいと考えていて、多くの方にヒアリングしリサーチしたところ、皆さん「出会いがない」という悩みを多く抱えていることがわかりました。当時アメリカではFacebook連携しているデーティングアプリが沢山あって人々の生活に浸透している一方で、日本ではいわゆる”出会い系サイト”が横行していて、オンラインで他人と出会うことへの抵抗が大きい時代でした。そこで、もっとちゃんとした仕組みで、しかも赤の他人ではなく、Facebook上の知り合いを通じて出会える仕組みを作っていきました。

伊香賀氏:その時から「結婚相手を探す」というよりかは、「お互いに興味のある人とつながる」という、気軽な出会いをコンセプトにサービスを提供していました。

 

--その時代から「気軽な出会い」というコンセプトを意識されていらしたんですね。そこから現在の『タップル誕生』までは、どのような流れだったのですか?

合田氏:まず『Facematch』の事業で自分たちで起業・法人化するかサイバーエージェントに入社するか、悩みました。最終的には代表の藤田に相談し、そのまま同社のグループ会社として事業を展開することになりました。ただ、いざ会社として事業を進めて行くと、ビジネスとしてやって行くことの難しさを痛感しまして、表向きはメディアなどにもたくさん取り上げてもらってそれなりに注目して頂けていたのですが、結局は半年で事業を終了することになりました。

伊香賀氏:それから僕は1年くらい別の部署で別事業を担当することになって、その後改めて現在の弊社に合田から声をかけてもらって、また一緒にマッチングサービスをやることになりました。

 

グループを横断するカップリングユニオンラブテックラボ

--立ち上げ当初と現在では、何か周囲の環境に変化はありますか?

合田氏:だいぶ変わりましたよ(笑)。立ち上げ当時はそれこそ、社内でもなかなか理解を得られない、シンプルに言うとどうしても”出会い系”の悪いイメージを引きずってしまうところがありました。そんな状況も、事業が順調に伸びて行くことで少しずつ理解を得て、「タップル誕生」とはコンセプトを変えて違うマッチングサービスにもチャレンジしていこうという風になりました。

伊香賀氏:あと、サービス開始して2〜3年目あたりから、『タップル誕生』で恋人ができた方が新卒で入社されるケースも出てくるようになりました。「タップルで彼氏ができて、本当に人生が救われました」といって入社してくれて、嬉しかったですね。

合田氏:社内としてもグループとしても体制が整って来て、現在は”カップリングユニオン”という、グループ横断の組織を発足して、活かせるノウハウを共有する仕組みを構築しています。

カップリングユニオン

https://couplingunion.com/

サイバーエージェントグループで運営している全てのマッチングサービスを集結させた横断組織。 『タップル誕生』『CROSS ME(クロスミー)』『mimi(ミミ)』の3サービスが所属しています。 「インターネットで恋愛」を当たり前の世の中へというビジョンを掲げ、オンライン恋活・婚活マッチングサービス市場でNo.1を目指します。

 

--カップリングユニオンはどのような役割を担っているのですか?

合田氏:基本的には、グループ内のマッチングサービスであれ”競合”という位置付けではあるものの、ノウハウを共有できるところはどんどんしていこう、という目的で発足しました。例えば『タップル誕生』は他サービスよりも運用歴が長いので、弊社ではカスタマーサクセスと呼んでいるお客様満足のための施策やプロモーションの仕方の部分で、積極的に事例共有するようにしています。また、他2社についても、もともとゲームを作る会社であったり広告運用に強みを持つ会社だったりと、背景が異なるので、それぞれの得意領域が異なっているのも、グループ全体としての強みかなと考えています。

また当社としては、グループ内だけでなくマッチングサービス市場全体の成長を推進していきたいので、”ラブテックラボ”という研究開発を行う組織を発足し、世の中に必要な情報を発信するようにもしています。

ラブテックラボ

オンライン恋活・婚活マッチングサービスの市場の発展に寄与することを目的に、関連する情報発信を行う専門組織として市場調査や様々なテーマで意識・実態調査を行い、恋活・婚活の手段の一つとしてマッチングサービスの可能性を社会に届けております。

また、2011年に設立したサイバーエージェント運営メディアのデータ解析やデータマイニングなどを行う研究開発組織「秋葉原ラボ」と連携し、技術的知見の共有も積極的に進めています。

 

合田氏:僕たちビジネスサイドの人間ばかりですと、新しい技術を取り入れていこうというのがどうしても遅れてしまうので、ラブテックラボでは技術者の方をトップに据えて、ビジネスとは一旦切り離した部分で研究をするようにしています。。現在はサービスの利用規約に反する行動を取るユーザーを自動検出する仕組みなど、セキュリティの部分に力を入れて技術研究をしています。

 

マッチングだけでなく実際に出会える仕組みへ

 

--最近のアプリとしての大きな動きを教えてください。

合田氏:『タップル誕生』で「おでかけ機能」という新機能を、今年の4月にリリースしました。マッチングサービスのゴールって、「出会い」につながることだと思うのですが、サービスを運営しているなかで、意外とメッセージが続かない、実際に会うまでの約束までに至らないという課題を感じていたのと、ユーザーの方からもそのような声を頂いていたので、何とかこの課題をクリアにできないかという観点で開発しました。

伊香賀氏:「おでかけ機能」は、女性が気になる「おでかけプラン」を設定してから24時間以内に男性からデートのお誘いが届く機能です。例えば女性が「ハワイアン料理が気になる!一緒に食べにいきたい!」と気軽に男性に提案することで、はじめて交わすメッセージから「出会う」ことを前提としたコミュニケーションではじまるのが特徴です。

合田氏:今後は、例えば遊園地や映画館などとコラボし、ユーザーの方がデートで利用できるタップル限定のオリジナルチケットなど用意することなども挑戦していきたいです。

 

--知らない方と遊園地などに遊びにいく感覚って、30代の僕からするとちょっと抵抗があるのですが、その辺りは若い方は違うんですね。

合田氏:ここは僕たちも、常に意識して若い方の意見やお話に触れるようにしています。おでかけ機能の開発チームはプロデューサー含め全員20代ですし、開発チームよりも若いユーザーの方のご意見を直接ヒアリングできるような仕組みとして、「Tapple Tea(タップルティー)」というユーザー参加型のサービス改善プロジェクトを定期的に実施しています。

 

--今後も、婚活というよりかは、より気軽な出会いをメインで事業展開されていきますか?

合田氏:そうですね。やはり出会いの部分で若い方の利用シーンがより多くなって来ているのと、一方で他アプリではまだまだセキュリティ部分でしっかりと対応できていないのかな、と思うようなものも多いので、我々が安心安全な仕組みで提供していって盛り上げていきたいと考えています。

 

--現在マッチングサービスを使っていない独身の方々に対しては、どのように訴求されていますか?

伊香賀氏:一つは動画ですね。若い方を中心に動画を見る文化が着実に浸透しているので、弊社でもYoutubeでチャンネルを作って、主に恋愛テーマに即した街の声をヒアリングして発信するようにしています。

今ちょうどマッチングサービスや弊社アプリの認知率をリサーチしていまして、マッチングサービスの認知率自体は若い世代ですと6〜7割ほど認知されているのですが、弊社のアプリはまだまだ認知率は低いな、ということがわかっています。

今までは恋愛や異性と出会うことへ意欲が健在化した方々へのプロモーションを中心にしていたのですが、今後はそういった方でない方にもサービスに対して興味を持ってもらえるようなプロモーション活動を行っていきたいと思っています。

これからのグループ内マッチンサービス事業の展開について

 

--今後日本以外での展開は考えていらっしゃいますか?

合田氏:一番最初のビジネスコンテストでは「海外で戦えるサービス」を掲げていましたし、日本のプロダクトは非常に質が高いものが多いので、海外でも十分戦えると思っています。

日本も海外も、例えばTinderのようなフリック操作(スマホ上でカードをめくっていくような操作)から、長らく大きな進化がなかったんですね。珍しく。それが昨年末あたりから、変わりはじめていて、弊社のおでかけ機能のように「出会える」に特化した機能やサービスが出始めています。世界に仕掛けるには面白いタイミングと考えているので、まずは日本で一番身近に使われるサービスというのを目指した上で、いずれ挑戦したいと考えています。

 

--これからということですね!楽しみにしています。最新の技術で注目されているものはありますか?

合田氏:ブロックチェーンの仕組みを使ってマッチングをする仕組みなんかは、面白いなと思って見ていますね。あと、今は我々のアプリもスマホ上で動くものとしていますが、そもそもスマホである必要というのも今後は無くなってくるはずなので、VR/ARだとか仮想空間上でマッチングするだとか、そういった世の中になってくるのも遠くはないと思っています。

 

--今後ますます出会いの幅と方法が広がっていきますね。有難うございました。最後に一言ずつお願いします。

伊香賀氏:僕自身、マッチングサービスで結婚したんです。タップル誕生ではないんですけど(笑)。もともと結婚するつもりで使っていたわけではなかったのですが、結果として結婚に至ったので、何がきっかけになるかわからないなと思います。ぜひ気軽な気持ちで弊社サービスを使っていただけたらと思います。

 

--そこはタップル誕生ではなかったんですね(笑)有難うございました。

合田氏:僕は、サービスをリリースして1年後くらいに結婚式をしたのですが、その2次会に、タップル誕生で結婚したユーザーさんがいらっしゃってくれたんです。それは本当に嬉しかったですね。今でもユーザーさんや社内から「タップルで結婚した、恋人ができた」という声を直接いただくことが多くて、もともと「人の人生を変えるような仕事をしたい」との想いでやってきたので、それが僕の原動力になっています。これからも精進して参ります!

》後編記事はこちら

編集後記

渋谷道玄坂を上がったところにあるオフィスでは、1フロアにグループ内のマッチングアプリ事業会社全3社が集まっています。サイバーエージェントグループのマッチングアプリ事業は、アプリ単体の機能だけでなく、イベントや動画展開、ユーザーさんとのコミュニケーションなど、新しい取り組みへのスピード感が非常に早い印象でしたが、活気に満ちたフロアを拝見して、その理由もわかった気がします。

タップル誕生Tシャツ姿でメンバーの相談にのる合田さんはじめ経営陣の距距離感の近さが、ユーザーフレンドリーなサービスの秘訣と感じました。

タップルTシャツの背中ロゴを見せる形でポーズをお願いします!とお願いしたところ、自然とタップル誕生ロゴの丸2つのように両腕を重ねられたお二人。さすが長年のビジネスパートナーですね!

後編では、インタビュー中にお話にあった「カスタマーサクセス」と呼ばれるCS部門の施策と、ユーザーさんとの交流の場である『Tapple Tea(タップルティー)』の現場に実際に参加して、それぞれお話を伺います。

『タップル誕生』詳細についてはこちらをご覧ください

 

本記事のインタビュイー

[写真右]合田武広(ごうだたけひろ)

株式会社サイバーエージェント 執行役員
株式会社マッチングエージェント 代表取締役社長

2011年、大学院在学中にアプリ開発コンテストで優勝。同年、サイバーエージェントの内定者でありながら株式会社フェイスマッチを設立し、大学院を中退。その後、同社は2012年にサイバーエージェントの子会社となり、マッチングサービス「Pitapat」をリリース。公開3日で10万ダウンロードを記録したが、収益化に苦戦しサービスをクローズ。その後、別サービスの立ち上げを経て、2013年、株式会社マッチングエージェントを設立し、代表取締役社長に就任。「タップル誕生」を立ち上げる。2016年にはサイバーエージェントグループの執行役員に抜擢され、グループ全体のマッチング事業の統括責任者もつとめる。

[写真左]伊香賀淳(いこうがじゅん)

株式会社マッチングエージェント 取締役

2011年、合田と共にサイバーエージェント内定者でアプリ開発コンテストに出場。その後株式会社Facematchの立ち上げを行い取締役に就任。その後サービスをクローズし、会社をたたんだ後、1年間サイバーエージェント本社のビジネス事業部にてプロデューサーを担当するも事業は失敗。2014年にはマッチングエージェントに入社。2017年10月に同社取締役に就任。現在はタップル誕生のプロモーションの責任者を行っている。

LoveTechMediaは、【恋愛/結婚】【妊娠/出産】【育児】【家族生活】【福祉】【社会課題】の6分野を「人の”愛”に寄り添うテーマ」と定義し、これらのテーマをテクノロジーで補完する「人とサービス」の情報(Intelligence)をお届けする、というコンセプトで運営しています。

関連記事一覧

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは