元アトピーのパパによるアトピー治療見える化アプリがリリース

家族生活

LoveTech Media編集部コメント

アトピー患者の方が画像(患部の写真)を共有して治療経過を見える化するアプリが、本日7月25日にリリースされた。

 

「アトピヨ」という名称のそのアプリは、幼少期にアトピーを患った経験をもつ一児のパパにより開発された。自身でプログラミングを学び、薬剤師である奥様の見解を反映しつつ、プログラマーの指導を受けながら開発・リリースに至った。

 

無料で利用ができ、アプリ内広告も存在しない。

 

アトピーを発症し悩んでいる方々が、治療を自分でコントロールし、お互いの情報を交換し合う場となり、早期回復のサポートになることを目指している。

 

症状を画像で共有したり検索できる仕組みは非常に新しく、アトピーでお悩みの方は、ぜひダウンロードの上お試しいただきたい。

以下、リリース内容となります。

アトピヨ(所在地:千葉県市川市、代表:Ryotaro Ako)は、アトピー性皮膚炎を持つ方々を対象とした匿名の画像共有型アプリ「アトピヨ」(無料)を、2018年7月25日(水)にApp Storeより配信いたしました。アトピー治療経過を画像で見える化した日本初のアプリです。(2018年7月、アトピヨ調べ。App Store・Google Playを調査)

概要

アトピヨは、「文字」ではなく「画像」を投稿することで、アトピー特有の皮膚症状(状態)を匿名で共有するアプリです。アプリに投稿した写真は自動で部位ごとに時系列表示されるため、長期治療を見える化・共有することが可能となります。なお、撮った写真は、iPhone本体に残りません。

アプリ特徴

アトピー治療経過を画像で見える化した日本初のアプリです。(2018年7月、アトピヨ調べ。App Store・Google Playを調査)
・手・顔・ごはん・薬・サプリなどを撮るだけで、ラクラク経過観察!
・写真整理不要。iPhoneに画像を残さない
・部位・症状でかんたん検索
・アトピー特有の悩みを匿名で共有、みんなで応援
・元アトピーのパパが、薬剤師のママと開発
・無料・アプリ内広告なし

アプリ詳細

アプリ名:アトピー治療見える化アプリ-アトピヨ
配信日:2018年7月25日(水)
カテゴリ・年齢制限:メディカル・17歳以上
対応機種:iOS11.0以上
利用料金:無料 ※アプリ内広告なし
開発元:Ryotaro Ako
AppStoreURL:https://goo.gl/xRJey

開発の背景

幼少期にアトピーを患った辛い経験から、Ryotaro Akoは、プログラミングを学び、薬剤師である妻の見解、プログラマーの協力・監修を受け「アトピー治療見える化アプリ-アトピヨ」を開発しました。
アトピーは、24時間寝てる間も痒みは続き、人目に触れることからメンタルにも大きく影響します。
本アプリは、アトピーを発症し悩んでいる方々が、治療を自分でコントロールし、お互いの情報を交換し合う場となり、早期回復のサポートになることを目指しています。

2016年の厚労省の資料によれば、幼少期(4ヶ月~6歳)のアトピー性皮膚炎の発症率は12%前後であり、年齢と共に発症率が低くなる傾向があります。このため、「アトピーっこ」のママやパパを中心により多くの方に、無料でご利用いただきたいと考えています。

開発者プロフィール

Ryotaro Ako
公認会計士。iPhoneエンジニア。3児のパパ。
アトピー(幼少期に完治)、喘息、鼻炎という3つのアレルギー疾患の経験から、患者会でボランティア活動に従事。環境アレルギーアドバイザー試験合格。みんなのアレルギーExpo2016・2017出展。本アプリ開発のために、プログラマーの指導をうけ、プログラミングを学ぶ。

お問い合わせ先

企画・開発:Ryotaro Ako
所在地:千葉県市川市
TEL:090-4845-5789
EMAIL:support@atopiyo.com
URL:https://www.atopiyo.com

LoveTechMediaは、【恋愛/結婚】【妊娠/出産】【育児】【家族生活】【福祉】【社会課題】の6分野を「人の”愛”に寄り添うテーマ」と定義し、これらのテーマをテクノロジーで補完する「人とサービス」の情報(Intelligence)をお届けする、というコンセプトで運営しています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは