アドレスホッパー株式会社が設立、移動を楽しむ生き方を発信する雑誌を創刊予定

家族/仕事

LoveTech Media編集部コメント

今話題となっている、住まいをシェアするコリビング(Co-living)サービス。

 

先日、LoveTech Mediaが取材したHafHをはじめ、全国すみ放題のADDress、インドからは同時期にOYO LIFE(オヨライフ)が上陸し、Co-livingの概念が急速に認知されてきている。

 

これに併せ、一つの拠点にとどまらずに移動を中心とした生活を楽しむ“アドレスホッパー”という生き方も注目されてきている。

 

住宅情報サイト「SUUMO」を運営するリクルート住まいカンパニーの調べでは、2018年に2カ所以上の生活拠点を持った人は推計約17万人に上る、と言われている。

 

このアドレスホッパーという次世代のライフスタイルの普及・浸透を目的とした会社、その名もアドレスホッパー株式会社が設立された。

 

同社共同ファウンダーの市橋正太郎氏とMatt Masui氏自身がアドレスホッパーだという。

 

その活動第一弾として、オリジナル雑誌「HOPPING MAGAZINE」を発行し、定住するための住所を持たず、移動しながら暮らすアドレスホッパーたちの価値観を通して、新たなライフスタイルの選択可能性を考察する。

 

また、この創刊に向けたクラウドファンディングプロジェクトもスタートした。

 

「風の人」に例えられるアドレスホッパーが、定住しないからこそ得られる学びや、移動先での人々との関わり。固定費である家賃を、移動費に変えるための考え方。絶え間ないホッピングライフを可能とさせたテクノロジーについて、具体的に紹介していくという。

 

また、様々な有識者による未来のライフスタイルを考察するコンテンツも制作。

アドレスホッパー の価値観を通して、新しいライフスタイルについて考え、暮らしの中での移動を見つめ直すことができる内容になる予定だ。

新たなる生き方に興味のある方は、ぜひ応援してみてはいかがでしょう。

 

クラウドファンディングプロジェクトページ

https://www.makuake.com/project/addresshopper/

 

以下、リリース内容となります。

リリース概要

 一つの拠点にとどまらずに移動を中心とした生活を楽しむ“アドレスホッパー”として活動し、多数のメディアにも出演してきた市橋正太郎とMatt Masuiは、アドレスホッパーという次世代のライフスタイルの普及・浸透を目的とした「Address Hopper Inc.」(本社:東京都千代田区、代表取締役:市橋正太郎)を2019年3月28日に設立しました。

STATEMENT

「アドレスホッパー」という生き方がある。それは、一拠点での定住にこだわらず、移動することを中心に生活するスタイル。家を持たずに毎日転々とする者もいれば、各地に家を持ち、多拠点居住を楽しむ者もいる。そこに共通しているのは、その土地の人や文化と交わり、自らの世界の拡張を楽しむ精神。暮らしと旅の間に境界線を引かず、様々なコミュニティを移り渡っていくことで、価値観をかき混ぜ、社会にポジティブな変化をつくっていく。今はまだ生まれたばかりの存在だが、未来には必ず、バックパッカーやフリーランスのように、人生の一つの選択肢になる。だからこそわたしたちは、先駆けた実践者として、思考や経験、可能性を伝えていくことで、アドレスホッピングという新たなカルチャーインフラを、世界中に広げていきたい。

Life_is_Hopping.
Address Hopper Inc.

定住はもう古い?拠点を変えながら生活するアドレスホッパーを、新たな選択肢に。

特定の拠点にとどまらず、各地を移動しながら暮らす「アドレスホッパー」という生き方。そこには、暮らしの中で行き着いた土地やその土地の人との関わりを楽しむ独自のカルチャーがあります。
  世界中で同時多発的に広まりつつあるそのライフスタイルは、日本でも大きな共感を生み、すでに近年「アドレスホッパー」という言葉とともに、様々なメディア・SNSで注目されており、すでに約17万人以上ものホッパーがいると言われています(出展:リクルート住まいカンパニー)。また、そのカルチャーを支えるいくつものサービスが登場してきています。
  そんな今だからこそ、アドレスホッパーの魅力をリアルに伝え、ライフスタイルを見直すきっかけをつくる活動を展開していくべく、アドレスホッパーの提唱者たちが「Address Hopper Inc.」を発足いたしました。

移動と生活の関係性を見つめなおすマガジン「HOPPING MAGAZINE」創刊

Address Hopper Inc.の活動第一弾として、オリジナル雑誌「HOPPING MAGAZINE」を発行いたします。定住するための住所を持たず、移動しながら暮らすアドレスホッパーたちの価値観を通して、新たなライフスタイルの選択可能性を考察します。そして、4月23日11時より、クラウドファンディングサイト「Makuake」にて創刊に向けたプロジェクトを開始いたします。

https://www.makuake.com/project/addresshopper/

<リターン>
1. 2,000円コース:雑誌PDF送付
2. 3,000円コース:雑誌x1冊
3. 5,000円コース:雑誌x1冊+出版イベント参加券
4. 10,000コース:雑誌x1冊+出版イベント参加券+Tシャツ+ステッカー
5. 100,000円コース:雑誌x10冊+出張トークイベント開催

雑誌では、移動生活をおくるアドレスホッパーという存在そのものを考察。「風の人」に例えられる彼らが、定住しないからこそ得られる学びや、移動先での人々との関わり。固定費である家賃を、移動費に変えるための考え方。絶え間ないホッピングライフを可能とさせたテクノロジーについて、具体的に紹介していきます。また、様々な有識者による未来のライフスタイルを考察するコンテンツも制作。アドレスホッパー の価値観を通して、新しいライフスタイルについて考え、暮らしの中での移動を見つめ直すことができる内容になる予定です。

また、今回のクラウドファンディングに伴い、5-7月で雑誌制作を進め、8月の創刊を予定しております。さらに、アドレスホッパーたちによる出版イベントも展開していきます。

  Address Hopper Inc.は「アドレスホッパー」という生き方を社会に提案・浸透し、新たなカルチャーインフラにしていく集団として、実体験に基づいたリアルな情報発信を仕掛けてまいります。今後の活動に是非もご注目ください。

会社HP   https://addresshopper.jp
HOPPING MAGAZINE   https://hoppingmag.com

問い合わせ先:
Address Hopper Inc.
アドレスホッパー 株式会社
contact@addresshopper.jp

LoveTechMedia編集部

363,890 views

恋愛/結婚・妊娠/出産・育児・家族生活・医療/福祉・社会課題の6分野を「人の”愛”に寄り添うテーマ」と定義し、これらのテーマにおけるテクノロジープロダクトや...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは