三日坊主防止アプリ「みんチャレ」× 瞑想アプリ「MEISOON」、瞑想の習慣化で連携

家族/仕事

LoveTech Media編集部コメント

三日坊主防止アプリとして、2015年リリースから多くの人に愛用されているアプリ「みんチャレ」。

 

匿名の5人でチームを組み、ダイエットや勉強などの習慣化に励ましあいながらチャレンジするという仕様になっており、「自己認知の向上」「ピアサポート」「ゲーミフィケーション」という主に3つの仕組みで、これまで30万人以上の利用者の習慣化をサポートしてきている。

 

そんな習慣化の対象に、今話題の「瞑想」が加わった。

 

今回、株式会社 LAVA Internationalが運営する瞑想アプリ「MEISOON(メイスーン)」とのアプリ間で連携する公式チャレンジ「瞑想アプリMEISOON公式」を開設したという。

 

MEISOONとは、20種類以上の瞑想プログラムを用意しており、1日1分から誰でも、どこでも、今すぐ瞑想できるアプリである。ユーザー同士で、瞑想して感じたことやカレンダーの記録、Today’s Messageなどをシェアしながら、瞑想を行う習慣を身につける仕様だ。

 

厚生労働省『「統合医療」に係る情報発信等推進事業』「統合医療」情報発信サイトによると、瞑想することにより血圧の降下、過敏性腸症候群の症状の緩和、不安感、抑うつ感、不眠の改善、急性呼吸器疾患(インフルエンザなど)の発症・期間・重度の改善がある場合があることが、研究により示唆されており、健康寿命が世界⼀の⻑寿社会を迎える日本にとって、今後ますますニーズの高まるものと予想される。

 

具体的には、「みんチャレ」と「MEISOON」のアプリをインストールし、公式チャレンジ「瞑想アプリMEISOON公式」のチームに参加の上、MEISOONの証拠写真を送付することで、チャットで報告し合いながら、楽しく健康づくりを習慣化するという流れとなる。

 

LoveTech Mediaでもこれまで、エモーショナル(感情)、メンタル(心理面)において人間の進化を支援する技術「TransTech」について取り上げたことがあり、今後間違いなく熱くなる分野と見ている。

 

話題の瞑想を初めて見たものの、思った以上に集中が続かないし、効果も感じられないし、何より退屈。

 

そんな風に感じている方は、一度今回のキャンペーンをきっかけに、「みんチャレ」と「MEISOON」の公式チャレンジに加わって見ても良いかもしれない。

 

以下、リリース内容となります。

リリース概要

エーテンラボ株式会社(東京都渋谷区、代表取締役CEO 長坂剛)が開発運営する三日坊主防止アプリ「みんチャレ」と株式会社 LAVA International(本社:東京都港区、代表取締役:鷲見貴彦)が運営する瞑想アプリ「MEISOON(メイスーン)」は瞑想の習慣化を目的に、アプリ間で連携する公式チャレンジ「瞑想アプリMEISOON公式」を開設しました。

みんチャレとは?

匿名の5人でチームを組み、ダイエットや勉強などの習慣化に励ましあいながらチャレンジする三日坊主防止アプリです。「自己認知の向上」「ピアサポート」「ゲーミフィケーション」という主に3つの仕組みで、今まで30万人以上の利用者の習慣化をサポートしてきました。

【主な特徴】

  • 新しい習慣を身につけるときの習慣化成功率は約8%と言われているが、みんチャレを活用すると、一人で行うときの8倍の約69%
  • Googleplayベストアプリ2年連続受賞、ユーザー平均レビュー4.7
  • 習慣化にチャレンジできるカテゴリーは50種類以上

【三日坊主防止アプリ「みんチャレ」】
https://minchalle.com/s

【ユーザー属性】

公式チャレンジとは?

みんチャレ内に開設する連携企業専用のチャレンジカテゴリーで、連携企業の主なメリットは下記の通りです。

【連携企業メリット】

  • 自社製品やサービスの利用継続率向上
  • 連携企業のファンコミュニティ化を支援
  • ユーザーインサイトの発見

【公式チャレンジ詳細】

https://biz.a10lab.com/official/

「瞑想アプリMEISOON公式」公式チャレンジ 概要

選べる瞑想は20種類以上。1日1分から誰でも、どこでも、今すぐ瞑想できるアプリ「MEISOON」のユーザー同士で、瞑想して感じたことやカレンダーの記録、Today’s Message (ヨガの知恵をもとにしたメッセージ)などをシェアしながら、瞑想を行う習慣を身につけます。

【ユーザーメリット】

  • みんなで励まし合いながら瞑想を習慣化できる
  • チームで習慣化にチャレンジすることで悩みや目標を共有することができる
  • みんなで体感をシェアしながら、瞑想効果を実感できる

【「MEISOON」アプリ】 
https://yoga-lava.com/meisoon/?utm_source=0603_pr&utm_medium=0603_pr&utm_campaign=media

「みんチャレ」と「MEISOON」連携の社会的背景

  • 瞑想することにより血圧の降下、過敏性腸症候群の症状の緩和、不安感、抑うつ感、不眠の改善、急性呼吸器疾患(インフルエンザなど)の発症・期間・重度の改善がある場合があることが、研究により示唆されています。(厚生労働省『「統合医療」に係る情報発信等推進事業』「統合医療」情報発信サイトより)
  • ⽇本は、健康寿命が世界⼀の⻑寿社会を迎えている。海外の研究を元にすれば、2007年に日本で生まれた子供については、107歳まで生きる確率が50%もある。(「⼈⽣100年時代構想会議」内閣官房 ⼈⽣100年時代構想推進室より)
  • 経済産業省にて健康経営に係る各種顕彰制度として、平成26年度から「健康経営銘柄」の選定が行われ、平成28年度には「健康経営優良法人認定制度」が創設されました。
  • 『第9回人生100年時代構想会議(平成30年6月13日)』にて、とりまとめられた『人づくり革命 基本構想』に「高齢者雇用の促進」が明記されました。

上記のような人々の健康意識に対する高まりや企業における健康経営の取り組み強化を背景に、「みんチャレ」は瞑想の習慣化を通じて、ユーザーの健康づくりを支援することを目的に「MEISOON」と連携いたしました。

■利用方法
1.「みんチャレ」と「MEISOON」のアプリをインストール
2.公式チャレンジ「瞑想アプリMEISOON公式」のチームに参加
3.瞑想アプリ「MEISOON」証拠写真を送付
4.チャットで報告し合いながら、楽しく健康づくりを習慣化

5人1組のチームで楽しく会話をしながら瞑想を習慣化(画像はイメージ)

■「みんチャレ」アプリケーションの取得はこちら

【iOSアプリの取得】
https://itunes.apple.com/jp/app/id1047462806
【Androidアプリの取得】
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.sony.minchalle&hl=ja

■「MEISOON」アプリケーションの取得はこちら

【iOSアプリの取得】
https://itunes.apple.com/jp/app/meisoon/id1121180616?mt=8
【Androidアプリの取得】
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.venturebank.lava.meditation&hl=ja

今後の展望

エーテンラボ株式会社はミッションである「テクノロジーでみんなを幸せに」するために、これからも様々なサービスや企業と「習慣」を軸にオープンイノベーションを起こしていきます。

エーテンラボ株式会社について

エーテンラボ株式会社(A10 Lab Inc.)は自社開発の行動変容技術を利用した、一人で行う習慣化の8倍もの成功率を誇る「みんチャレ」でユーザーの習慣化を成功させます。企業へはCustomer engagement as a serviceとして、企業が抱える顧客の継続率向上による利益増加や顧客の行動観察からインサイトを得る最新のリサーチを提供します。

【会社概要】
社名 :エーテンラボ株式会社
英語表記 :A10 Lab Inc.
代表者 :代表取締役CEO 長坂 剛
設立 :2016年12月21日
資本金 :4,300万円
URL :https://a10lab.com
お問い合わせ先:広報担当:03-5422-8396 / contact@a10lab.com

株式会社LAVA Internationalについて

フィットネスクラブ総合満足度No.1※のホットヨガスタジオ「LAVA」を全国に410店舗以上(2019年5月現在)運営しています。
そして「ヨガを通して、一人でも多くの人を幸せにする」の企業理念をもとに、ヨガに関わる関連サービスも充実させており、瞑想アプリ「MEISOON」の開発のほか、健康・美容商品やヨガウェアの開発、各種イベントの運営なども幅広く行っております。
※ 2018年7月 アイディエーション調べ

LoveTechMedia編集部

313,679 views

恋愛/結婚・妊娠/出産・育児・家族生活・医療/福祉・社会課題の6分野を「人の”愛”に寄り添うテーマ」と定義し、これらのテーマにおけるテクノロジープロダクトや...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは