CRAZYが新たにオンライン結婚式サービス「Congrats」β版を発表。6月30日まで限定30組に提供

恋愛/結婚

※2020.5.26追記:当初30組への提供予定だったが、リリース後5日間で30組の申込みがあったので、提供数を50組に増枠

記事の要点

・完全オーダーメイドのオリジナルウェディング事業を手がける株式会社CRAZYが、オンライン結婚式サービス「Congrats」β版を、2020年5月20日〜2020年6月30日までの期間中、30組限定でサービス提供すると発表。

 

・β版ではネットショッププラットフォーム「BASE(ベイス)」システムを活用し、全ての準備がオンライン上で完結できるように設計。ネット環境さえあれば最短3日間で結婚式当日を迎えることができる。

 

・料金プランは、「スタンダードプラン(基本料金0円)」、「プロデュースプラン(基本料金110,000円)」、「スタジオプラン(基本料金385,000円)」の3パターンが用意。

LoveTechポイント

結婚式を挙げたいけど、対面での実施ははばかれる。かといって自力でオンライン開催するのは不安でしかない。そんな新婚カップルの悩みに寄り添う、LoveTechな事業だと感じます。

創業から8年。1,400組以上の完全オーダーメイドウェディングをプロデュースしてきたCRAZYだからこそ、こういったイレギュラーな環境下でも、一定の安心感があると感じます。

編集部コメント

完全オーダーメイドのオリジナルウェディング事業「CRAZY WEDDING」を展開する株式会社CRAZYが、新たにオンライン結婚式サービス「Congrats」β版を、2020年6月30日までの期間限定で提供することを発表した。

https://congrats.crazy.co.jp/

 

結婚式の挙式準備を進めるとなると、一般的には結婚式場選びから結婚式当日まで、半年以上の時間がかかるもの。だが新型コロナ禍の見通しが不透明な状況の中、対面での実施を前提に計画を進めるのはなにかとリスキーであり、結果、結婚式自体を延期せざるを得ないカップルも多い。

 

現在は、結婚式のあり方そのものが問われている状況と言えるだろう。

 

これに対し、今回発表されたCongratsは、「時間やお金を必要以上に投資せずとも、新郎新婦、ゲストの記憶に残る結婚式を実現すること」を軸に設計されたサービス。

 

β版ではネットショッププラットフォーム「BASE(ベイス)」システムを活用し、全ての準備がオンライン上で完結できるように設計されているので、ネット環境さえあれば最短3日間で結婚式当日を迎えることができるようになっている。

 

具体的なステップは以下の通り。

1)申込み・結婚式専用チケットサイトの自動開設
15分程度の申し込み実施後、新郎新婦オリジナルの結婚式専用チケットサイトが自動作成され、最短1日で新郎新婦の手元へ届く。

 

2)プランとオプションの選択
無料のオンラインガイダンスにて、スタッフが準備から当日の流れを細かく説明。またプラン、オプションの詳細も伝えるので、新郎新婦のご希望に合わせて選択することが可能。

 

3)結婚式専用チケットサイトの準備
プランの内容に合わせて、新郎新婦が結婚式専用チケットサイトを編集。

 

4)ゲストにサイトを公開
LINEやFacebookなど普段利用しているコミュニケーションツールで、新郎新婦が自らがゲストに結婚式専用チケットサイトを送付。ゲストを招待する。

 

5)結婚式当日
CRAZY提供のガイダンス資料の案内に沿って準備し、ZOOMなどの配信ツールを利用し配信(スタジオプランの場合はスタッフが実施)。
挙式をはじめ、どのような進行を実施するかは、プラン・オプション選択の際に事例の中から自由に選択が可能。

 

「結婚式専用チケットサイト」とは、ご祝儀の代わりに新郎新婦が設定したお祝い金を決済できる専用サイトのこと。第3ステップで好みの内容に編集した後、サイトをゲストに共有するだけで、結婚式の案内はもちろん、新郎新婦のプロフィールの紹介やお祝い金の決済まで完結できるものとなっている。

 

これは新郎新婦のみならず、ゲストにとってもメリットは大きい。これまではゲストが結婚式に参加するまでに、ピン札・ご祝儀袋の用意、ヘアセットの予約、結婚式場への移動等、様々な準備が必要だった。だがオンライン開催となると、これら必要以上の時間とお金の投資を減らすことが可能だ。

 

Congratsでは祝儀制を廃止し、新郎新婦が設定した「参加費」をネット決済する仕組みとしている。また、子どものいる方や身体の不自由な方でも自宅から参加できるので、アクセシビリティも抜群だ。

料金プランとしては以下3パターンが用意されており、CRAZYサイドで用意しているガイダンス資料に沿って自分たちだけで準備を進める「スタンダードプラン」は、チケットサイトの決済手数料10%以外は“無料”で利用することができる。

  • スタンダードプラン:基本料金0円
    オンラインウエディングのノウハウが詰まったガイダンス資料に沿って、自分たちで自由に結婚式をつくっていくプラン。β版では担当のコーディネーターが質問に応じてメール対応してくれる

 

  • プロデュースプラン:基本料金110,000円(税込)
    オーダーメイドウエディングをつくってきたCRAZY WEDDINGのプロデューサーが、新郎新婦の希望をヒアリングしながら準備をサポートするプラン。

 

  • スタジオプラン:基本料金385,000円(税込)
    プロデューサーによる結婚式当日の運営サポート、配信機材、場所の提供が全て含まれたプラン。当日の会場は「IWAI OMOTESANDO アニバーサリールーム」(東京都渋谷区)となる。

 

創業から8年。実に1,400組以上の完全オーダーメイドウェディングをプロデュースしてきたCRAZYだからこそ、オンラインでも記憶に残る結婚式の執り行いが期待される。

 

まずは2020年6月30日までの期間で、【30組限定】でのサービス提供を予定しているとのことで、直近で挙式を執り行いたいと考えているカップルは、ぜひ「新しい形の結婚式」にチャレンジされてみてはいかがでしょう?

 

オンラインで広く実施した後、コロナ禍が落ち着いた暁に、改めてオフラインの結婚式を開くなど、いくらでも応用は可能だ。

 

以下、リリース内容となります。

LoveTechMedia編集部

「”愛”に寄りテクノロジー」という切り口で、社会課題を中心に、人々をエンパワメントするようなサービスやプロダクトを発信しています。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは