症状に合った治療家からレコメンドが届く治療院マッチングサービス「CURETAS」α版がリリース

家族/仕事

LoveTech Media編集部コメント

治療院のサポート事業を手掛けるメディウェイズが、症状に合った施術者からレコメンドが届く新サービス「CURETAS(キュアタス)」のα版をリリースした。

CURETASサービスページ

 

整骨院、接骨院、鍼灸院、治療院などの各施術所を、利用者が検索するのではなく、症状や希望条件を入力すると、登録されている施術者自身からメッセージが届くという仕組み。

 

施術所によるダイレクトマッチングサービスと言えるだろう。

 

利用者はメッセージを読んで疑問点や追加の希望があればシステムを通じて連絡を取り合える。

 

予約に進むまでは施術者に対し匿名で行われる為、利用者は安心して利用する事が出来るという。

CURETAS(α版) https://curetas.com

 

現在はα版ということで概念実証中という。2019年1月末までの検証によりβ版開発へ移行する予定とのことだ。

 

α版では完全無料で利用できるとのことなので、肩こり、腰痛、頭痛、身体のだるさ、関節の痛みといった症状に悩まされている方は、ぜひこの機会に登録されてみてはいかがでしょう。

 

以下、リリース内容となります。

リリース概要

治療院のサポート事業を手掛ける株式会社メディウェイズ(本社:埼玉県志木市、代表取締役:小林 靖、以下「弊社」)は、治療院の情報を検索するのではなく、症状に合った施術者からレコメンドが届く新サービスCURETAS(キュアタス)のα版をリリース致しました。今後、β版の開発に向けたPoC(実証実験)を行います。

厚生労働省の調査によると、国民の3人に1人が、肩こり、腰痛、頭痛、身体のだるさ、関節の痛みといった症状を持っていると言われています。(※1)

柔道整復師の施術所(整骨院、接骨院等)の数は48,024件、はり師きゅう師あん摩マッサージ指圧師の施術所(鍼灸院、治療院等)の数は85,697件と、施術所の数は年々増加しています。(※2)

WEB検索の結果には膨大な情報が溢れており、これだけ多くの施術所の中から利用者が自分の症状に合うところを探すのは困難な状況です。
※1 出典:厚生労働省「平成 28 年 国民生活基礎調査」
※2 出典:厚生労働省「平成 28 年衛生行政報告例(就業医療関係者)の概況」 

CURETASの概要

CURETASのトップページ

CURETAS(キュアタス)のサービスは、治療院の利用者が症状や希望条件を入力すると、登録されている施術者自身からメッセージが届く仕組みです。利用者はメッセージを読んで疑問点や追加の希望があればシステムを通じて連絡を取り合えます。予約に進むまでは施術者に対し匿名で行われる為、利用者は安心して利用する事が出来ます。予約が成立した場合、施術者から手数料を収受するビジネスモデルを想定しています。

利用者エントリー画面

既にα版はWEBサイトとしてローンチ済みで、利用者(患者)と対応可能な施術者(治療院)の双方からのエントリーを受け付けています。

既にマッチングが成立した事例もありましたが、α版では完全無料にてサービスを提供しています。

CURETAS(α版) https://curetas.com

今回のPoCの狙い

・α版として最低限のUX提供により、有料サービスとして成立するか
・利用者に対するアンケート、ユーザーインタビューにより更なるインサイトを抽出する
・PoCの実施を通じて、想定外の課題や改善点を抽出する

今後の計画

2019年1月末までの検証によりβ版開発へ移行する予定です。

株式会社メディウェイズについて

全国20万人の施術者(柔整師・鍼灸師等)の技術、知力、人間力をエンパワーメントし、西洋医療だけで解決しない不定愁訴に悩む患者を救うという事をビジョンに掲げ、CURETAS等の新しいサービスを生み出しています。代表者は経済産業省が主催する起業家支援プログラム「始動」第4期に選定されました。
【代表者】代表取締役 小林 靖
【所在地】埼玉県志木市館2-3-7-406
【Webサイト】https://www.mediways.co.jp

 

<本件に関するお問合せ先>
株式会社メディウェイズ
TEL050-3700-5884
担当:小林

LoveTechMedia編集部

313,720 views

恋愛/結婚・妊娠/出産・育児・家族生活・医療/福祉・社会課題の6分野を「人の”愛”に寄り添うテーマ」と定義し、これらのテーマにおけるテクノロジープロダクトや...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは