1秒の思いを届ける鳩時計 OQTA(オクタ)が進めるエモーションテクノロジー革命《後編》

インタビュー

 これから到来するであろう「ココロの時代」。IT(Information Technology)ではなくET(Emotion Technology)(通称:エモテック)を通じて、人々の精神活動を豊かにすることをミッションとするOQTA株式会社。前半では、同社CPO(Chief Philosophy Officer)の高橋浄久氏にお話を伺った。

 後編である本記事では、実際にOQTAを利用されているユーザーの方2名に、OQTAご利用の感想や、それにまつわるストーリーについて、それぞれ詳しく伺った。

》前編記事はこちら

IoT鳩時計ってなんだよ、というマイナスからの出発

まずは一人目のOQTAユーザー、高橋晋平氏にお話を伺った。

 

--まずは高橋さんの現在のお仕事についてお伺いさせてください。

高橋晋平(以下、高橋氏):現在、おもちゃクリエーターとして活動しています。もともと落研(落語研究会)という背景もあって、人を笑わせることへの強烈なパッションがあり、おもちゃを通じて人を笑わせたい!という思いから大手玩具メーカーでおもちゃを作っていました。

おもちゃクリエーターという肩書きですが、純粋なおもちゃだけを作っている訳ではなく、ゲーム・イベント・Webコンテンツから生活雑貨まで、”あらゆるものがおもちゃであって、楽しませてくれるもの”という考えで、人を楽しませる企画や新サービスを作ったり、アイデア・企画発想法に関する講演活動などをしたりしています。もちろん、おもちゃの企画開発もやっています。

 

--あらゆるものがおもちゃって、面白い概念ですね!OQTAも、おもちゃクリエーターの仕事として、現在携わられているのですか?

高橋氏:仕事としてもOQTAの開発面から販売・PRまでの補完的な動き方をさせていただいていますし、ユーザーとしても、OQTAを超絶に愛用しています。

 

--もともと何がきっかけでOQTAを知られたのですか?

高橋氏:知り合い経由で紹介されました。君が好きそうな商品を発見したからぜひ話を聞きに行ってみて、って感じです。ちょうどその頃、OQTAは「Makuake」でクラウドファンディングをしていて、早速そのサイトを見てみたのですが、そこでのOQTAの紹介のされ方が「IoT×鳩時計」だったんですね。第一声としては「ああ、またやっちゃってるな」でした。

 

--IoTというバズワードが引っかかったんですかね?

高橋氏:まあIoT自体が悪いわけでは全然ないのですが。IoTって、それこそ玩具でも家電でもなんでもいいんですが、「IoTをやります」ってところから商品がスタートしているケースが結構多い印象なんです。IoTという手段が目的化してしまって、本来あるべき価値や解決したいことがおざなりになっているケースです。

なので、最初に「IoT×鳩時計」というのを見ただけだと、そう行った印象がありましたね。

でも実際にお話を聞きに会社まで伺って、そこできよぴ(高橋浄久氏、OQTA株式会社CPO)と初めて話をして、OQTAのコンセプトのスゴさに完全にやられました(笑)

両親との心のわだかまりを解決する唯一の方法かもしれない

--OQTAが心に響かれた要因はなんだったのでしょうか?

高橋氏:先ほどもお伝えした「IoT鳩時計」という文字面だけを聞くと、例えばLINEのスタンプのような概念をモノにしちゃった感、といったことを勝手にイメージしていました。

でも、言語情報がない一方通行の1秒の通知、というやりとりのコンセプトに大きな衝撃を覚えました。

 

--なんでそこに大きな衝撃を覚えたのでしょう?

高橋氏:少し個人的な話から先にさせてください。

僕は両親との間に心のわだかまりがあって、気軽に電話することが難しい関係なんです。そして、長年すごく悩んでいます。

すでに高齢になった両親のことは心配なんですが、いざ電話をすると必ず揉める。言葉が邪魔で、コミュニケーションをとることができないんです。僕の子供が何かあったとか、何か必要なことがあるから帰省するとか、何かしらの用事がなければ、連絡ができない。

家族との関係性がこうなった背景は、子供の頃から親に”否定”され続けてきたことに起因します。褒められた記憶はほとんどなく、悪くもないのに怒られてばかりだったと感じています。でもそれは僕が憎いからではなく、「こうあって欲しい」という、両親なりの愛情の裏返しでそうなってしまったこともわかっています。

とはいえ、僕の中に深く入り込んだ複雑な思いは簡単に無くなることはなく、今日に至っています。

 

--非常にパーソナルでプライベートな内容をお話いただき、ありがとうございます。

高橋氏:そんな背景の中、このOQTAの話を聞きまして、僕がこれを使って両親との関係性がもし改善するなんてことがあったら、それは凄いことだなと感じました。

例えば「ありがとう」という言葉と共にプレゼントを渡す、ということなんて、すでにできないんですね。それ自体が意味を持っているから、否定されるのが怖いんです。

でも、お互いに愛情があることはわかっているんです。

OQTAならば、情報無し、返信の必要無しの一方通行、さらには誰が通知を押したかわからないという匿名性があるので、コミュニケーションの意味合いも変わってきます。

この鳩時計が僕たち家族の課題を解決する唯一の方法かもしれない!と思えたことが、衝撃でしたね。

次ページ:めちゃくちゃ大量にボタンを押してます

続きを読む
1 / 4

長岡武司

97,136 views

LoveTech Media編集長。映像制作会社・国産ERPパッケージのコンサルタント・婚活コンサルタント/澤口珠子のマネジメント責任者を経て、2018年1...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは