RegTechとSupTech、その定義からポテンシャルまで要点解説 〜FIN/SUM 2019 Report 2

イベントレポート

国内外RegTech市場を知るための2資料

 日本経済新聞社と金融庁が共催する、国内最大のFinTech(フィンテック) & RegTech(レグテック)カンファレンス「FIN/SUM(フィンサム)」。

 「新しい成長の源泉を求めて」をメインテーマに掲げ、9月3日〜6日の4日間かけて東京・丸の内で開催された、大規模国際ビジネス&テクノロジーカンファレンスである。

》FIN/SUM 2019記事一覧はこちら

 当メディアでは会期中に、カンファレンス参加者十数名に対しインタビューを実施したのだが、FinTechという用語についてはほとんどの方がある程度詳細に説明できたのに対し、RegTechについては明確にご存知でない方が大半であった。

 一部の方は、規制(Regulation)× 技術(Technology)の造語であり、主にICTを活用して複雑化・高度化が進む金融規制に対応するテクノロジーであることをご存知であったが、それでも具体的な事業領域や展開事例を知っているには至らなかった。RegTechを語る上で出てくる「SupTech(スプテック)」に至っては、その存在を知っている方が1名のみという状況であった。

 よってレポート第2弾の本記事では、本カンファレンスのメインテーマの一つである「RegTech」そのものについて、まずは知識をリフトアップすべく、以下2つの資料を用いて要点解説することにする。

The Global RegTech Industry Benchmark Report

The Cambridge Center for Alternative Finance. (2019). The Global RegTech Industry Benchmark Report. sponsored by EY Japan.
Retrieved from EY Japan Web site: https://www.eyjapan.jp/industries/financial-services/general/topics/pdf/2019-09-04-regtech-report.pdf

 こちらのレポートは、ケンブリッジ大学Cambridge Centre for Alternative Finance(以下、CCAF)がEY新日本有限責任監査法人(以下、EY Japan)のスポンサーシップを得て実施した、RegTechセクターに関する詳細な調査結果をまとめたもので、国内外111のRegTechベンダーに対するサーベイと業界専門家・当局に対する定性的な観点から詳細なインタビューに基づいた調査である。

 英語で作成された本レポートは、EY Japanの小川恵子(おがわ けいこ)氏をはじめとする同社翻訳監修メンバーによって、日本語対応もなされている。同氏は当メディアFIN/SUMレポート特集で2度登場される予定であり、RegTechエコシステムの実装に向け活動する、国内有数のRegTechエバンジェリストともいえるだろう。

小川恵子氏
(EY新日本有限責任監査法人 EY Japan RegTech Leader / 金融事業部 パートナー)

「RegTech /SupTechに係る今後の在り方に関する検討会」について

「RegTech /SupTechに係る今後の在り方に関する検討会」について
(NTTデータ経営研究所グローバル金融ビジネスユニット)

 こちらのレポートに書かれている「RegTech /SupTechに係る今後の在り方に関する検討会」は、経済産業省が音頭をとって開催したもの。国内外の政府・民間企業の動向を整理し目指すべき将来像を設定するとともに、RegTech / SupTechの導入に向けたロードマップの基本枠組みを策定することを目的に、今年2月〜3月にかけて計3回実施された。

 こちらの資料を作成されたNTTデータ研究所の桑原八郎(くわばら はちろう)氏は、FIN/SUM最終日「レグテック&ペインポイントワークショップ」に登壇され、日本のRegTechの現状とペインポイントドリブンでRegTechを推進する意義について議論された。このセッションについても、本特集でフォーカスする予定なので、楽しみにしていてほしい。

桑島八郎氏
(株式会社NTTデータ経営研究所 グローバル金融ビジネスユニット アソシエイトパートナー)

 まずは「規制」に馴染みのない読者に向け、世界における規制の歴史とRegTechへのニーズ背景について簡単にお伝えしたのちに、上述のレポート2つをもとに、RegTechの定義から市場感、日本の取るべき対策等を見ていくことにする。

次ページ:米GDPの推計約12 %が規制コストにかかっている現状

長岡武司

136,223 views

LoveTech Media編集長。映像制作会社・国産ERPパッケージのコンサルタント・婚活コンサルタント/澤口珠子のマネジメント責任者を経て、2018年1...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは