令和時代成長の鍵は「AIとデータ」、G20大阪に先駆け開催されたAI/SUM Report 1

イベントレポート

 日本経済新聞社が主催する、人工知能(AI)の活用をテーマにした初のグローバルイベント「AI/SUM(アイサム)」。

 メインテーマを「AIと人・産業の共進化」に据え、官民学が一体となって、日本のAIへの最先端事例を紹介するとともに、今後の可能性や課題について活発に議論を交わす場として、4月22日〜24日の3日間かけて東京・丸の内で開催された。

 今や、AIは社会にとって無視できない存在である。影響のない業種業態など「ない」と言ってしまって良いだろう。人々のウェルビーイングを追求する上でも、昨今のテクノロジーリテラシーは必須であると感じる。

 令和という新しい時代を迎える我が国において、人々はどのようにデジタルウェルビーイングを追求していくべきか。自身をエナジャイズ・エンパワーメントするべく、人々はどのような姿勢でAIと付き合っていくべきか。その社会的背景と世界的潮流はどうなっているのか。

 LoveTech Mediaではこれらの観点を前提に、2019年ゴールデンウィーク期間をメインに、全11回(予定)に渡って、AI/SUMにおける、LoveTechに通ずると編集部が感じた各セッションの様子をお伝えしていく。

 レポート第1弾の本記事では、初日の会冒頭に流された安倍晋三首相のビデオメッセージ内容とその背景情報、および世耕弘成 経済産業大臣による基調講演内容についてお伝えする。

 我が国におけるAI戦略の大きな指針を知ることは、今後、愛に寄り添うテクノロジー(LoveTech)を考察していく上での必須条件と考えている。

》AI/SUM 2019記事一覧はこちら

安倍晋三首相からのビデオメッセージとその背景

「我が国はこの夏、はじめてのAI戦略を策定します

 そう語るのは、AI/SUM開会直後にビデオメッセージを寄せた、安倍晋三首相である。

 そう、2019年3月、政府は有識者提案による「AI戦略 2019」および「人間中心のAI社会原則(案)」を発表した。タイトルにAIと記載されつつ、内容は単純に技術としてのAIのみならず、数理とデータサイエンスも含めた広い領域での内容が提示されたが、その中から今回のAI/SUMに関わる重要キーワードを一つ挙げるとするならば「データ」と言えるだろう。

日本からDFFT提唱された20191月開催ダボス会議

 今年1月23日に、安倍晋三首相は5年ぶりに世界経済フォーラム年次総会(通称、ダボス会議)に出席。そこで「DFFT(データ・フリー・フロー・ウィズ・トラスト)」の概念を提唱している。訳して「信頼ある自由なデータ流通」である。

 以下、ダボス会議当日の安倍晋三首相のスピーチ抜粋だ。

「最初に、私は本年のG20サミットを、世界的なデータ・ガバナンスが始まった機会として、長く記憶される場と致したく思います。データ・ガバナンスに焦点を当てて議論するトラック、大阪トラックとでも名付けて、この話合いを、WTO(世界貿易機関)の屋根の下、始めようではありませんか。

(中略)

我々自身の個人的データですとか、知的財産を体現したり、国家安全保障上の機密を含んでいたりするデータですとかは、慎重な保護の下に置かれるべきです。しかしその一方、医療や産業、交通やその他最も有益な、非個人的で匿名のデータは、自由に行き来させ、国境をまたげるように、繰り返しましょう、国境など意識しないように、させなくてはなりません。

そこで、私たちがつくり上げるべき体制は、DFFT(データ・フリー・フロー・ウィズ・トラスト)のためのものです。非個人的データについて言っているのは申し上げるまでもありません。第四次産業革命、そして同革命がもたらす、私たちがSociety5.0と呼んでいる社会がメリットを及ぼすのは、私たち個人です。巨大で、資本集約型の産業ではありません。

Society5.0にあっては、もはや資本ではなく、データがあらゆるものを結んで、動かします。

(中略)

成長のエンジンは、思うにつけもはやガソリンによってではなく、ますますもってデジタル・データで回っているのです。

首相官邸「世界経済フォーラム年次総会 安倍総理スピーチ」より抜粋

 データにおける国際的流動性の重要さが強調されており、2019年6月に大阪で日本初開催となる2019年G20サミット首脳会議への思いも語られている。

Society5.0とは

 ここでいうSociety5.0とは、サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会(Society)のことを示す。

内閣府ホームページ「Society 5.0」より抜粋

 狩猟社会(Society 1.0)、農耕社会(Society 2.0)、工業社会(Society 3.0)、情報社会(Society 4.0)に続く、新たな社会を指すもので、第5期科学技術基本計画において我が国が目指すべき未来社会の姿として初めて提唱されたものだ。

 これまでの社会では、経済や組織といったシステムが優先され、個々の能力などに応じて個人が受けるモノやサービスに格差が生じている面があった。

 このSociety 5.0では、ビッグデータを踏まえたAIやロボットが人間の手を煩わせていた日々の煩雑で不得手な作業を代行・支援するので、誰もが快適で活力に満ちた質の高い生活を送ることができるようになるという構想だ。

AIこそが次の時代を切り開く大きな鍵

 以上のような背景を前提に、AI/SUM開会当日、安倍晋三首相はビデオメッセージとして以下のように発信された。以下、メッセージ内容の抜粋となる。

「AIが世界の景色を一変させようとしています。

私たちの暮らしを豊かにし、さまざまな社会課題を解決するAIこそが、次の時代を切り開く大きな鍵です。

わが国はこの夏、初めてのAI戦略を策定します。

官民が総力を挙げることで、世界の第4次産業革命を日本がリードしていきたいと決意しています。

その原動力となるのは、ここにお集まりのベンチャー企業、そして若い世代の皆さんです。

今回のAI/SUMではAIコンテストなど、新しい試みも行われると伺っています。

AIが持つさらなる可能性について、みなさんが斬新な発想力をぶつけ合い、そこから新たな化学反応が生まれることを、大いに期待しています。

次ページ:世耕弘成 経済産業大臣による基調講演

長岡武司

137,999 views

LoveTech Media編集長。映像制作会社・国産ERPパッケージのコンサルタント・婚活コンサルタント/澤口珠子のマネジメント責任者を経て、2018年1...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは