LoveTech Mediaが選ぶAI/SUM Next 90登壇社注目スタートアップ 〜AI/SUM Report 12

イベントレポート

 日本経済新聞社が主催する、人工知能(AI)の活用をテーマにした初のグローバルイベント「AI/SUM(アイサム)」。「AIと人・産業の共進化」をメインテーマに掲げ、4月22日〜24日の3日間かけて東京・丸の内で開催された、大規模ビジネス&テクノロジーカンファレンスである。6月に大阪で開催されるG20に先駆けた取り組みとも言える。

 レポート第12弾の本記事では、スタートアップピッチ:NEXT90についてお伝えする。

 NEXT90は、主に日本の優秀なAI関連スタートアップのピッチコンテストであり、世界から集まった投資家や企業関係者、メディアを前に「90秒」でビジネスモデルを披露。VC、CVCを含む協賛社が、優秀なスタートアップに授賞する。

 LoveTech Mediaでは、ピッチ登壇された49社のうち、特に愛に寄り添っていると感じた8社について、そのピッチ内容や事業内容をお伝えする。

》AI/SUM 2019記事一覧はこちら

水質判定AIDeepLiquid」(AnyTech株式会社)

 世界初の水質判定AI「DeepLiquid」(ディープリキッド)を提供するAnyTech株式会社。水処理施設の用水・排水、化粧品、バイオ医薬品、飲料といった様々な液体の状態を監視する異常検知システムである。

 従来のセンサーは「時間」「コスト」「精度」といった大きく三点の問題があった。異常を検知するまでにかかる膨大な時間、センサー導入とメンテナンスにかかる莫大な費用、センサーデータを分析する技術者の技量による精度のバラツキの三点である。

 AnyTechでは、独自のディープラーニングを応用した画像認識エンジンを、各工場に設置されている監視カメラに搭載することで、液体の状態を24時間監視、異常が発生した際にはアラートを行うので、これら三つの課題を解決してくれる。

 カメラ映像のみで水質異常を検知するAIでは現時点で競合がおらず、2018年11月のリリースから4ヶ月で、同社の売り上げは1億円を突破している。

リーガルテックサービス「AI-CON」(GVA TECH株式会社)

 契約業務を効率化させ、法務業務の生産性を格段に向上させるリーガルテックサービス「AI-CON(アイコン)」を提供するGVA TECH株式会社。

 契約書業務の中でも、法律知識が必要とされる契約書ドラフト作成からレビュー・交渉までのプロセスを、弁護士の知見を学習したAI(人工知能)がサポートする。

 具体的な操作は非常に簡単。WordやPDFで作成した契約書ファイルをAI-CONにアップロードすることで、当該契約類型に必須の条項のチェックや自社に不利な条項に関する判定がなされて、リスクが見える化された状態でフィードバックされる。

 同社はこの法務領域でAIを活用することで、法務知識が豊富でなく工数もかけられないスタートアップと大企業とで発生しやすい「法務格差」解消を目指している。

 なお、GVA TECH株式会社については個別に当メディアで取材もしているので、こちらも併せてご覧いただきたい。

次ページ:Repertoire Genesis & あのころコミュニケーションズ & ルートレック・ネットワークス

長岡武司

107,788 views

LoveTech Media編集長。映像制作会社・国産ERPパッケージのコンサルタント・婚活コンサルタント/澤口珠子のマネジメント責任者を経て、2018年1...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは